催眠商法(SF商法)の
被害相談・解約事例
(依頼者の声)

当事務所に悪徳商法のクーリングオフ・解約代行を依頼された方々から多数の感謝の声が日々寄せられてきます。
ここでは、催眠商法(SF商法)トラブルが解決した事例をいくつかご紹介いたします。

先生は私たち家族のヒーローです

催眠商法(SF商法)・温熱治療器 被害額・約60万円 (山口県 47歳)

老夫婦二人で住んでいる両親の所へ、「隣の家を借りて頒布会をやっていますから、ぜひどうぞ」と勧誘があり、二人で出かけてしまった。最初は備長炭などの小物を配っていたが、そのうち「肩こりが治る」などといわれ、温熱治療器を買わされた。私が見つけた時は、すでにクーリングオフ期間も過ぎており、どうしたらいいのか途方にくれていましたが、先生のおかげで無事に解決でき、本当に感謝しています。両親共にこれからは、気持ちを引き締めると言っていました。
先生のますますのご活躍に期待しております。

母の財産を取り返してくれた先生に感謝の言葉もありません

催眠商法(SF商法)・浄水器 被害額・約130万円 (和歌山県 53歳)

元々は、健康グッズを無料で進呈する、というチラシを見て80代で一人暮らしの母が出かけていきました。1日で商品を契約したわけではなく、「気に入ったら明日も来て」といわれ、数週間に渡り、その場所へ通ったらしいです。最初はお茶を飲んだり、同年代の人とおしゃべりができるという事で楽しみに通っていましたが、慣れてきた頃から、高額な磁気ネックレスや浄水器等を買わされるようになりました。その場には大勢の人もいるし、これまで「親切にしてくれたから…」と遠慮が出てしまい、断れなかったとの事。一人暮らしで年金生活者の母には不要なものばかりです。何とかならないか、と思っていた所、たまたまこのホームページを見つけて先生に依頼しました。やはり専門家の方は違う、と契約解除ができた今は、本当にほっとしています。

家族に笑顔が戻りました。大変お世話になりました。

催眠商法(SF商法)・布団 被害額・約60万円 (岐阜県 67歳)

買い物に行ったスーパーの前で、景品を配っていて、呼び止められた。そこでは、安眠できる匂い袋をもらったが、「もっといいものがもらえる」と誘われ、そのまま、近くのビルの一室へ連れて行かれてしまった。途中で帰ろうかと思ったが、若い男性に背中を押されるような形になってしまい、怖くて「帰る」とは言い出せなくなってしまった。連れて行かれたビルの一室では、同じような年代の人が大勢集まっていて、「○○欲しい人は手を挙げて!」等と言われ、無料で日用品が配られていた。 自分も、その場の雰囲気に流されてしまい、手を挙げて日用品をもらっているうちに、健康の話になり、最後に布団を紹介された。思わず手を挙げ契約してしまい、その場で、契約書も書いてしまった。帰りは、布団と一緒に、車で家まで送られた。家族に話すと、そのような高額な商品は不要と反対されてしまい、自分も冷静になったら、いらないと思うようになった。
新聞で先生の記事を拝見して、経験豊富な専門家に依頼するのが一番だと思ってお願いしたのが正解でした。
先生の尽力のおかげで今では家族に元の平穏な日々が戻っています。
大変お世話になりました。ありがとうございました。

クーリングオフ・契約解除でお悩みの方へ
まずは、お気軽に無料相談してください

【即日対応可/秘密厳守/日本全国対応】

電話相談はこちら

お電話によるご相談は下記の相談予約電話におかけください。 受付時間:9時~20時(年中無休)

Tel 03-5308-3211

メール相談はこちら

受付時間:24時間・年中無休


LINE相談はこちら

下記ボタンで当事務所を「友だち」に追加して、ご相談ください。
1対1のトークで秘密厳守。他の人に見られることはありません。

友だち追加