クーリングオフ制度

クーリングオフとは
消費者側から一方的な契約の撤回や解除を無条件にできる権利です。
クーリングオフをすると、
@その契約は無かったことになります。
A損害賠償金や違約金を販売業者に支払う必要はありません。
B支払済のお金は、全額返してもらえます。
C商品を受取済の場合、その引取費用は全て販売業者の負担となります。

クーリングオフ期間
クーリングオフは一定期間内に書面で行う必要があります。
※証拠を残すために内容証明郵便で行うことが大切です。
(例)
・訪問販売 →8日間
・電話勧誘販売 →8日間
・マルチ商法 →20日間
・内職商法 →20日間
※期間はクーリングオフができることの「書面の交付等の日」から計算します。

クーリングオフができないケース
@クーリングオフ期間が過ぎてしまった場合
A商品がクーリングオフ対象ではない場合
B健康食品、化粧品及び履物等の消耗品を使用したり、一部を消費した場合
(ただし、それでもクーリングオフができる場合もあります)
C購入者がセールスマンを呼び寄せて購入した場合
D購入者が自ら販売業者まで出向いて契約をした場合
E通信販売で購入した場合
F3,000円未満の商品を受け取り、同時に代金を全額支払った場合
G個人ではなく「事業者」として契約した場合

クーリングオフができなくても別の救済方法もあります。今すぐご相談ください。
■メニュー
TOP
クーリングオフ制度
契約解除代行サービス
ご依頼費用
ご利用手順
ご利用規約
無料相談フォーム
事務所概要
マスコミ取材履歴

■リンク
借金トラブル解決
自己破産・債務整理相談

クーリングオフ・ネット
(パソコン版HP)


行政書士
エクステージ総合法務事務所

Copyright (c) 2003-2009